• ユニットバスをリフォーム

    家のなかでも湿気がこもりがちな空間がバスルームです。とくにユニットバスは密閉空間になりやすいので、天候不順が続いてしまったりすると、カビが繁殖しやすい環境になります。



    窓を開けて換気するのが大変でも、換気扇だけで乾燥させられるようにリフォームすれば、湿気の悪影響も軽減されます。


    地域で営業している業者は、その地域ならではの気候にも熟知しています。


    高温多湿になりやすい時期に、窓を開けて換気するのが困難かどうかは、建物だけでなく地域性もあります。

    屋外の湿度が高ければ、窓を開けて換気しても、湿気は逃げないからです。かえって室内が湿気の影響を受けてしまいかねません。


    そこで役立つのがユニットバスと乾燥機の組み合わせです。ユニットバスと浴室乾燥機の相性は抜群です。



    密閉性や気密性が、乾燥機の働きを強めてくれるからです。浴室乾燥機を取り付けるリフォーム工事は、天井に設置するので専門家に依頼するのが安心です。


    工務店の場合でも、リフォームとして相談するのではなく、浴室乾燥機の設置として依頼したほうが安心です。


    浴室乾燥機の施工事例が豊富な工務店であれば、電気の配線周りのリフォームも含めて、一括の見積もりを提示してくれます。
    ユニットバスのリフォームは、部分的な依頼であっても、トータルで見積もりを出してもらうと良いでしょう。
    電気の配線周りは専門家でないと診断しにくいからです。



    浴室乾燥機は電源が必要なので、新しい配線をしてもらうのと同時に、古い配線のチェックをしてもらいましょう。